gimpの素材作り、画像のトリミングと透過ファイルpng作成方法

公開日: 

LINEで送る
Pocket

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

画像編集・画像加工のフリーソフトのGIMP(ギンプ)

フリーでありながら高額なフォトレタッチソフト”Photoshop(フォトショップ)”に引けを取らない直感的で使いやすく、大抵のことはGIMPでも出来てしまいます。

少し前まではPhotoshopの劣化版みたいに言われていたGIMPですが、
画像を主立って扱う職種でもない限り、主要なことはだいたい出来るので、最近はユーザーも増え、参考書等も書店で見かけるようになりました。

今回はそんなフリーソフトGIMPでのかんたんな素材作りについてをご紹介します。

ここでは画像加工ソフトを使えば一度はぶつかる、
“トリミング(切り抜き)”を使い、透過素材を作成していく簡単なフロー

を説明します。

gimpで使える素材、透過ファイルを作成

画像には様々な形式のもの(jpg,gifなど)がありますが、今回ご紹介するのは、
特に便利がいい透過ファイル(png)の作成の仕方をご紹介します。

なぜ透過ファイルが便利かと言うと、素材としてとても使い勝手が良いからです。

色々と理由がありますが、
jpgやgif等のファイルよりも軽量で劣化も少なく使いまわしがしやすい

これが一番大きいです。

以下のファイルは、私が以前仕事で使った天然石の画像です。
この画像自体を使ったこともありますが、

画像の中央の石の部分を透過素材として使い、
画像を新たに作ります。

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

この部分のみを

トリミング(切り取り)し、透過素材として保存して置けば何度も使える

ので仕事なんかでは素材として特に重宝します。

必要なときに貼り付けるだけ。
色調を変えたり大きさもいじれるのでとても幅広く使えます。

gimpを使って画像をトリミング

早速、上記に登場した天然石の画像を使ってトリミングの流れをご紹介します。

1.ツールから楕円選択ツールを選択します

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

今回トリミングしようとしている画像は、丸の形のものなので、楕円ツールを選択します。

!POINT

トリミングしたい画像の形を見て、その他の矩形選択・自由選択などのツールを用途に合わせて使用しましょう。

2.トリミングしたい画像を楕円選択で範囲指定する

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

トリミングしたい画像を楕円選択ツールで覆います。
この時、ツールボックスのステータスの”境界をぼかす”にチェックを入れ、数値を8.0としてから覆いの作業に入ってください。

境界をぼかすを入れることにより自然なし仕上がりになります。
慣れてきたら数値をトリミングする素材ごとに色々いじってみましょう。

3.覆った画像をコピー&ペーストする

上記2の工程で素材が丸型に選択された状態で、
コピー(CtrlキーとC)をクリック。

するとGimp画面下に以下のような文(クリップボードにコピーされたピクセル)が出る。

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

そのあとは、ペースト(CtrlキーとV)をクリック。
すると、レイヤーに以下のように新た”貼り付けられたレイヤー”が追加される。

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

!POINT

ここで紹介したコピー&ペーストのショートカットキーは、画像加工以外にも文書作成とかにも使えるので覚えておくと便利です。余裕があれば使えるようにしましょう。

ショートカットキー一覧

・コピー (Ctrl+C)
・ペースト(Ctrl+V)
・切り取り(Ctrl+C)
・一つ前に進む(Ctrl+Y)
・一つ前に戻る(Ctrl+Z)

4.貼り付けられたレイヤーを新しくレイヤー追加する

先ほどペーストされたものをレイヤーとして新規で追加する。

上のタブから
レイヤー → レイヤーを追加をクリック

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

すると、以下のようにレイヤーとして追加される。

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

5.不要になった元ファイルを削除

楕円ツールでトリミングした透過画像を貼り付けたので、
元のファイル(画像では背景というレイヤー名)は不要なので削除する

レイヤー名”背景”のところで
右クリック → レイヤーを削除をクリック

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

すると、先ほど楕円ツールでトリミングした部分のみが残り、
下記のようにトリミングした部分以外が透明になった状態になる。

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

6.キャンバスのサイズを合わせる

このままだと、キャンバスのサイズが先ほど削除した元のファイルのサイズとなっていて、容量的にも無駄に大きくなるので、キャンバスのサイズを抜いた素材のサイズに合わせる。

画像 → キャンバスをレイヤーに合わせる をクリック。

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

すると、キャンバスのサイズがトリミングした素材に合わせて縮小する。

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

7.出来た素材を保存する

これで一通り完成したので保存する。
ファイル → 名前をつけて保存 をクリック。

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

画像の名前を自分の好きなように入力し、ファイルの保存場所を決める。
ファイルタイプを選択の+をクリックする。

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

すると、様々なファイル拡張子が出てくるので、
下のほうに行くと、
“PNG画像”と出てくるのでそれを選択し、保存をクリック。

下記のようにダイアログがでてくるので、
“背景色を保存”にチェックが入っているが、背景色は無いので、チェックを外す。

解像度を保存 と 透明ピクセルの色の値を保存 の2つはチェックを入れておく

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

保存をクリックし完了!
※作成日時を保存はどちらでもいいが必要なら入れていてもOKです。

これで一通りの流れを終わりです。あとは念のため確認してみましょう。

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

こんな感じで保存されています。
工程2で”境界をぼかす”にチェックを入れ、数値を8.0をしたおかげでトリミングした境目が自然な仕上がりになっているかと思います。

gimpでは透過ファイルは常に保存しておくべし

うえで解説した通り、透過ファイルが完成したら、
いよいよファイルとして使用出来ます。

以下のように所々に貼り付けたり、サイズを小さくしたり、アクセントととして使ったり色々使えます。

gimpでトリミング透過画像の素材を作る

フィルター(ドロップシャドウ)で影をつけてあげたりするとかっこよく仕上がりますよ(・∀・)

もちろん画像のお店は存在しません(笑)

まとめ

いかがでしたか?
透過ファイルの作成方法は他にも沢山あるのですが、
今回は手っ取り早くてかんたんな方法を重点にしたものをご紹介しました。

画像加工や作成は、より簡易に!素早く!効率よく!
これらをこなすのが求められることが多いです。

普段からこういった透過素材を作っておくと、作業効率が飛躍的にアップするので余裕があるときは透過素材を作ることをオススメします。

また、Gimpは保存形式がフォトショップ形式(psd)に対応していたり一部汎用性も高いので、これからフォトレタッチソフトを勉強したり、導入しようと考えている人にもオススメです。

フリーソフトですが便利なツールGIMPをガンガン使いましょう!

シェアして頂ければとても喜びます(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑