セルライトをなくす!方法と原因。おしり、ふとともに効果的な運動

公開日:  最終更新日:2016/05/11

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

セルライトをなくす

ダイエットのお供的な言葉。。

そう、セルライトのやつです!

セルライトと言われると何を思い浮かべます??

デブ?脂肪?老廃物?肉割れ?

と、
まぁ人それぞれ思いつくものがあると思います。

これらのキーワードの共通するもの、全て

悪いもの“なんです。

ダイエットをしていくと必ずと言っていいほど
セルライトというキーワードにぶち当たります。

お腹や太もも、お尻なんかにつきやすいうえに一度つくと身体に様々な悪影響を与え、ダイエットの邪魔をしてきます。

しかも取り除くのも難しく、見た目も悪い。。
良いことは1つもありません。

そんなセルライトをエステやサロンに高額な費用を使わず、
手軽に効果的に落とす方法はないか?

そんなことを考える人は多いかと思います。
実は私もその一人で、今回夏までにどうしても痩せて水着を着たかったので、
ダイエットも兼ねて調べたこと、実践したことや効果などを調べたものをここに残そうと思い、書いてみました。

セルライトを自身で除去したい!って人の役に立てたら嬉しいっす^^

セルライトをなくしたい!その方法と出来る原因って?

そもそもセルライトってなんで出来てしまうんでしょう?

あのぼこぼこした脂肪の塊ちゃんがどこからやってきて
なんでまた、お尻や太ももに滞在しちゃったのか?

まずはそこから掘り下げて調べてみました。

セルライトってなに?

セルライトは、かんたんに言ってしまうと
変形し大きく育った皮下脂肪“のことです。

その皮下脂肪が使用されず、本来排出されるはずの老廃物や水分等と共に溜めこみ大きく育ってしまいます。

育った皮下脂肪は周囲の毛細血管やリンパ管を圧迫、変形してボコボコに・・・

そう、
それがセルライトの正体です。

セルライトが出来る原因は?

じゃあなんでセルライトが出来ちゃう??

うーむ、ある程度心当たりはあったんですが、
太っている人にだいたい当てはまる事柄ですよね

太る = 皮下脂肪が増える = セルライトが出来る

こんな公式が容易に想像出来てしまいます(笑)

セルライトをなくす方法は?

さて、セルライトとは何か?セルライトが出来る原因が分かったところで次はセルライトをなくす方法について探っていきましょう。

先の項(セルライトってなに?)で触れましたが、

セルライトは
皮下脂肪が使用されず、本来排出されるはずの老廃物や水分等と共に溜めこみ大きく育ったもの。。

ここです!

つまりは、本来排出されるはずの老廃物や水分が脂肪と合体して留まっているのを元の正常な状態に戻し、セルライトの出来ない、出来にくい身体を作ればいいわけです。

そこでいくつか方法があります。

セルライトが出来る原因の
運動不足・基礎代謝の低下・筋肉が少ない

これらに注目して運動をしてセルライトをなくしてやろうと!

運動としては、大まかに
筋肉を付けて元々の基礎代謝を上げる筋トレ系の無酸素運動
ウォーキングや走ったりで代謝(カロリー)を消費する有酸素運動

この2つがあります。
もともと運動が好きっ!、、て人は多分ここに来てませんよね(笑)
そして運動は嫌がるでしょうね(汗)
私もそうです、、

きついもので無く、手軽なところで
腹式呼吸なんかも有酸素運動になるらしいので仕事や家事の合間に取り入れてみるのもいいかもしれません。

冷え性もセルライトが出来る原因として挙がっていました。

なんで冷え症だとセルライトが出来るかというと、
かんたんに言うと、冷え症(体温低い)だと、代謝が悪いからです。

代謝が悪いと脂肪の燃焼も当然悪くなり、セルライトもできやすくなります。

セルライトや脂肪が多い部位(お尻やふともも、脇腹)って他のところと比べて異様に冷たくないですか?

これは、脂肪が冷えて固まってしまっているからだそうです。

つまり、
身体が温かい ⇒ 血行・代謝が良くなる ⇒ 脂肪燃焼しやすくなる
セルライトが解消されやすくなる!

とこうなるわけです!(笑)

マッサージでセルライトを潰して流してやろう!
この方法って具体的なやり方はあんまり浸透しなかったけど

セルライト = 潰す ⇒ 痩せる

ってのだけやたら出回ってた感じがしますよね(汗)

マッサージでも色々ありますが、
セルライトをなくすにはリンパマッサージがオススメです。

リンパ管に老廃物や水分が溜まりむくみ等を起こすのはよく聞くことです。
リンパマッサージで老廃物排出を促しセルライトを解消しましょう。

リンパ管は皮膚の近くにあり、非常にデリケートな部分。
温めながらさするように優しくマッサージしていきましょう。

★ 皮下脂肪は身体に悪い? ☆
皮下脂肪と聞くとデブってイメージがありますが、実は太っている人に限らず、痩せている人にもついていて結構重要な機能があるのです。

皮下脂肪は空腹や身体の代謝の低下に備えて身体に蓄えられるもの
空腹時には溶け出し、毛細血管を通じて、全身に送られ、肝臓やその他の内臓、筋肉などに消費され、身体機能を維持するのに役立ちます。

皮下脂肪は女の敵!ダイエットの天敵!と言われますが、
人間という種として、動物としての基本性能として重要な役割を担っていたのですね^^

セルライトをなくす!おしりとふともも編

さてさて、上の項でご紹介した方法の中でも、マッサージ。。
特にオススメなリンパマッサージについて掘り下げていきたいと思います。

セルライトをなくすリンパマッサージ

リンパマッサージの準備

準備といってもそんな難しいことではないです。
身体をよく温めることです。
血行を良くし、血液とリンパの流れを良くして
老廃物や水分を排出しやすくします。

簡単なところで入浴後、半身浴・岩盤浴等が有効です。

ふともものリンパマッサージ

リンパマッサージのルールというかセオリーとして、

末梢血管から心臓に向かって行う

というのが鉄則になり、
ふとももの場合、足の裏からマッサージしていきます。

1.足の裏の指圧
両手の親指・人差し指の腹を使って圧力を強めていきます。
皮膚・角質の固い部分は握りこぶしを使って指の関節で押すのも効果的!

2.ふくらはぎから膝までのリンパマッサージ
圧は優しくゆっくり、裏側(ふくらはぎ側から膝下)へリンパ節にゴミを集めるようなイメージで。
強い力を加えるのはダメ×
強い力を加えるとリンパの流れを逆に止めてしまう可能性もあります、、

3.指のひら・腹全体で気になる部位(ふとももで)を,,,
基本はつまみ上げるように揉みます。
片足10分程度、特に気になる部位は集中して行うと効果的です。

4.仕上げに
脚全体をゆっくりリンパマッサージ
足首からそけい部にまでゆっくりとマッサージ
優しくしっかり行います。

おしりのリンパマッサージ

お尻のリンパ管は、背中の中心から左右に分かれており、それぞれ上に向かっています。

おしりに一番近いリンパは、腰の中心辺りです。
手をグーにして下向きの三角を描くように行うようにしましょう。

やり方の一例をあげておきます。

1.片足の足を後ろに引いて立つ

2.おしりから腰にかけて、下から上をお尻を持ち上げるようにマッサージする。

3.おしりの横肉を腰の中心に集まるようなイメージでマッサージする。

4.最後に腰の中心に集まった老廃物を下に流すようにさする。

オイルマッサージすることにより小尻効果が期待できる。

セルライトをなくす!効果的な運動は?

セルライトは、使用されず蓄積した皮下脂肪。。
つまりは、運動によって撃退してあげることが一番の近道です。

では、いったいどんな運動をしてあげれば効果的なのか?

そこについて調べてみました。

有酸素運動系

有酸素運動系は、

ジョギングやウォーキング・水泳・サイクリング・エアロビクス

などなど、
身体を動かすエネルギーに酸素を必要とするものです。

運動を続けるうちに糖質(カロリー)の代わりに脂肪を分解してエネルギーにするのですが、

脂肪が燃え、エネルギーとして使われ始めるのは
運動を開始してから20分後からの身体がようやく温まって来た頃
そのため、皮下脂肪及び、脂肪燃焼を狙うには、最低でも有酸素運動を20分以上続ける必要があります

運動慣れしている人には大したことないかもしれませんが、
普段から運動をしていない人や太っている人にはかなりハードルが高いですよね(汗)

ちなみに上記の有酸素運動でオススメなのが、
水泳もといプールでのウォーキングです。

腰痛や膝への負担も少なく、ストレス解消にも効果的。
水に入ることで気分的にもリフレッシュできます。

他の人に水着姿を晒す、、というのだけは我慢しましょう(泣)

無酸素運動(筋トレ)系

無酸素運動(筋トレ)は、筋肉に負荷を与え、筋力アップを図ることができます。

無酸素運動(筋トレ)は、有酸素運動のように直接脂肪を燃焼させる効果はありません。
しかし筋トレをすることによって筋肉を付け、基礎代謝をあげることが出来ます。

筋肉量が増えると、有酸素運動で消費するカロリー数も増え、更なる脂肪燃焼が期待できます。

単純に筋トレだけでもセルライトが付きにくい身体が作られるので、

筋トレは、セルライトをつくのを予防するのにとても効果的です。

人間の体は、背中・太もも・胸・腹
この4つが大きな筋肉を持っています。

この4つを強化する筋トレを行うのが効果的です。

まとめ

セルライト ダイエット

セルライは、変形し大きく育った皮下脂肪であり、本来排出されるはずの老廃物や水分等と共に溜めこみ大きく育ったものであることが分かりました。

セルライトが出来にくい身体を作るには、、

“運動” “冷え性予防” “マッサージ”

この3つで予防することができます。

運動は、
脂肪を燃焼する有酸素運動(プール・ジョギング等)と、
筋肉を付け、代謝を上げ、脂肪が付きにくい身体を作る無酸素運動(筋トレ)の2つを効果的に行うのが良い。

マッサージはリンパマッサージで老廃物排出を促すのがオススメ。
リンパ管はデリケートで痛みやすいのでゆっくり優しく行うのが◎。

リンパのことや運動のこと日々意識して行ける生活習慣を作るのを目標にしていきたいですね!

いかがだったでしょう??
よろしければ”夜にお腹がすいて眠れない。太らない食べ物や飲み物、お菓子は?“も併せてお読みください。

シェアして頂ければとても喜びます(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑